垂盆草の安全性

垂盆草は、伝統的な製法に基づいて原料開発から製品化まで一貫して行なわれているものを選びましょう。特に製造に用いられる垂盆草は、カラカラに乾かしたものではなく、厳正な品質管理の下で計画栽培されて収穫後24時間以内の新鮮なものだけを使用したものがよいとされています。

ほかの肝臓病治療薬との併用が十分可能な純良な品質のものなら、安心して利用できると思います。さらに垂盆草は、中国で20年近く臨床使用されてきた実績があり、副作用もほとんど無い※ことが実証されています。韓国では垂盆草を野菜として扱い、ドンナムルという家庭料理で食用されています。

※副作用については、ごくまれに、空腹時に使用するとむかつきや胃腸の不快感を催すこともありますが、食後に使用することで簡単に回避できます。

平成14(2002)年から、厚生労働省により「医薬品的効能効果を標榜しない限り食品と認められる成分本質(原材料)リスト」に追加指定され、国内では食品として流通されることが認められています。

肝宝垂盆草【送料無料】
shop.ogimachilabo.com
肝宝垂盆草 公式通販サイト。会員登録で優待価格。
送料無料、代金引換手数料無料、平日17時ごろまで即日発送

Leave a Comment


Spam Protection by WP-SpamFree